ぼやきとつぶやき

#がんばって魔界劇団を環境入りにしようの会

MtGスタンダード環境紹介

 

今回は「MTGを始めてみたい」ひとに、あるいは自分の整理のために現在のスタンダードの環境デッキを紹介したいと思います。

 

現在のスタンダードで使えるカード

・イクサラン/Ixalan XLN

・イクサランの相克/Rivals of Ixalan RIX

・ドミナリア/Dominaria DOM

・基本セット2019/Core2019 M19

・ラヴニカのギルド/Guilds of Ravnica GRN

・ラヴニカの献身/Ravnica Allegiance RNA

禁止カード

・暴れ回るフェロキドン XLN

 

禁止カードを除く上記6セット+BOXプロモ(運命のきずな/Nexus of Fateなど)以外はスタンダードでは使えないのでカードを買う際は気を付けてください。

それではデッキ紹介に移ります。基本的に僕もそこそこ初心者寄りの人間なので多少見当違いな点もあるかもしれませんがよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

青単(Mono Blue)

デッキタイプ:クロック・パーミッション

≪霧まといの川守り≫

(青)

霧まといの川守りはブロックされない。1/1

≪マーフォークのペテン師≫

(青)(青)/瞬速

マーフォークのペテン師が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それをタップする。ターン終了時まで、それは能力をすべて失う。2/2

 といったクロックを中心に序盤からダメージを与えつつ

≪潜水≫

(青)/インスタント

あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+0/+3の修整を受けるとともに呪禁を得る。(それは対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)

 などのカードでクリーチャーを守りながら戦うデッキです。

≪執着的探訪≫

(青)/エンチャント

エンチャントされているクリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに「このクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。」を持つ。 あなたの終了ステップの開始時に、このターンにあなたがクリーチャーで攻撃していなかった場合、執着的探訪を生け贄に捧げる。

 によって巨大化したクロックでアドバンテージを稼ぐカードでのハメ殺しも存在します。直近のMythic Campionshipでも優勝したデッキです。この他にも

≪魔術師の反駁≫

(1)(青)(青)/インスタント
あなたがウィザード(Wizard)をコントロールしているなら、この呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

 (このデッキの半分以上がウィザードです)や≪呪文貫き≫といった軽量打消しが搭載されており、まさにクロック・パーミッションを体現しているといっていいでしょう。

このデッキのメリットとしては、上記のカードのように軽量のカードが多く、また単色なので土地の色事故に見舞われない点にあります。デッキの中に含まれる高額カードも少なく、MTGの中ではかなり気軽に組むことができるのもメリットに挙げることができるでしょう。

反面、自分より手数の多いデッキに対しては苦戦を強いられる傾向にあります。環境で言うと赤単などがそれに該当すると思います。全体的にスタッツが小さいので≪ゴブリンの鎖回し≫が直撃した日には目も当てられません。

(赤)(赤)(赤)
先制攻撃
ゴブリンの鎖回しが戦場に出たとき、これは各対戦相手とそのプレイヤーがコントロールしている各クリーチャーと各プレインズウォーカーにそれぞれ1点のダメージを与える。3/3

 デッキ紹介として先述したMythicCampionshipの優勝レシピをリンクしておきます。

デッキリスト | 晴れる屋

 

 

赤単(Mono Red)

デッキタイプ:アグロ、バーン

≪ギトゥの溶岩走り≫

(赤)
あなたの墓地にインスタントかソーサリーであるカードが2枚以上あるかぎり、ギトゥの溶岩走りは+1/+0の修整を受けるとともに速攻を持つ。1/2

≪ヴィーアシーノの紅蓮魔術師≫

(1)(赤)

ヴィーアシーノの紅蓮術師が戦場に出たとき、プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。これはそれに2点のダメージを与える。2/1

 といった軽量クリーチャーで土地を置いている間に20点を削り切ってしまうのが赤単です。クリーチャーだけでなく

≪稲妻の一撃≫

(1)(赤)
インスタント
クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻の一撃はそれに3点のダメージを与える。

の様な除去としてもダメージソースとしても活用できるカードも複数種搭載せれており、そのゲームスピードは随一です。

この手のデッキは中盤後半にリソースが足りなくなってしまうのが負け筋の一つですが、現在のスタンダード環境には以下のようなリソース回復手段が存在します。

≪舞台照らし≫

(2)(赤)
ソーサリー
絢爛(赤)(このターンに対戦相手がライフを失っていたなら、あなたはこの呪文を、これのマナ・コストではなく絢爛コストで唱えてもよい。)
あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚追放する。次のあなたのターンの終了時まで、あなたはそれらのカードをプレイしてもよい。

(実質1マナ2ドローやんけ)

≪実験の狂乱≫

(3)(赤)
エンチャント
あなたはいつでもあなたのライブラリーの一番上のカードを見てもよい。
あなたはあなたのライブラリーの一番上のカードをプレイしてもよい。
あなたはあなたの手札からカードをプレイすることはできない。
(3)(赤):実験の狂乱を破壊する。

 要するに「デッキの一番上のみが手札であるかのように扱える」ということです。一番上が土地であれば1ターンに1枚の制限の中で置くことができますし、そのマナが続く限りデッキトップからカードをプレイすることができます(インスタントであれば相手ターンにもプレイできます。)

こうした悪魔的なリソース源を手に舞台を駆け回るのが赤単です。

このデッキのメリットは、青単と同様に軽量カードが中心であり単色であることから土地のトラブルに巻き込まれにくく、早くゲームが終わることです。

最近ではマナベースに負荷をかけにくい2色土地を8枚のみ採用し、黒や緑をタッチしているような構築もでてきており、分岐先が用意されているのもデッキ構築の上で一つの楽しみになるかと思います。

反面、ライフゲインカードが辛く対策をされると少し厳しいように思えます。

デッキの値段としては青単よりは少し高いかと思います。スゥルタイやゴルガリに採用されている≪野茂み歩き≫は天敵といっても過言ではないでしょう。

(1)(緑)
あなたがコントロールしているクリーチャーが1体探検を行うたび、野茂み歩きの上に+1/+1カウンターを1個置き、あなたは3点のライフを得る。1/3

 

デッキリスト | 晴れる屋

 

 

 

緑黒/ゴルガリ(Golgari)

デッキタイプ:ミッドレンジ

翡翠光のレインジャー≫

(1)(緑)(緑)
翡翠光のレインジャーが戦場に出たとき、これは探検を行い、その後これはもう一度探検を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それが土地であるなら、そのカードをあなたの手札に加える。そうでないなら、このクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置き、その後、そのカードを戻すかあなたの墓地に置く。その後、この手順を繰り返す。)2/1

≪マーフォークの枝渡り≫(レインジャーの2マナ版)といった探検クリーチャーによって序盤中盤のマナ安定化、戦線維持、デッキトップの操作を行いゲームを安定して進めるデッキです。これらは先述した≪野茂み歩き≫と合わさったとき、野茂みが手を付けられなくなり非常に強力です。墓地に落としたカードは

≪採取+最終≫

採取(黒か緑)(黒か緑)
ソーサリー
あなたの墓地からクリーチャー・カード最大2枚を対象とし、それらをあなたの手札に戻す。

最終 (4)(黒)(緑)
ソーサリー
あなたはあなたがコントロールしているクリーチャー1体の上に+1/+1カウンターを2個置いてもよい。その後、ターン終了時まで、すべてのクリーチャーは-4/-4の修整を受ける。

 の採取モードで回収することもできます。このカードは盤面を横に広げるデッキに対しては最終のモードで一掃する役割も持っていて非常に器用です。

そして、青単や赤単にはないプレインズウォーカー(忠誠値がこのカードのライフになり、0以下になるまで戦場に残り続ける)を搭載していることも魅力の一つです。

ビビアン・リード≫

(3)(緑)(緑)
[+1]:あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。あなたはその中からクリーチャーか土地であるカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
[-3]:アーティファクト1つかエンチャント1つか飛行を持つクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
[-8]:あなたは「あなたがコントロールしているクリーチャーは+2/+2の修整を受け、警戒とトランプルと破壊不能を持つ。」を持つ紋章を得る。

初期忠誠値:5

 このカードによってさらにデッキを掘り進めることも、対処しなければならないカードに対処することも、ゲームに勝利することもできる強力なカードです。

プレインズウォーカー(以下PW)は他にも≪ゴルガリの女王 ヴラスカ≫≪秘宝探求家、ヴラスカ≫などがあります。そしてどちらも強力です。

このデッキのメリットは、上記のような柔軟なカードを多数搭載することで安定したゲームメイクができることにあります。マナカーブの頂点にはプレインズウォーカーだけでなく≪殺戮の暴君≫

(4)(緑)(緑)
この呪文は打ち消されない。
トランプル、呪禁 7/6

 ≪破滅を囁くもの≫が存在し、どちらもゲームを掌握しうるカードです。

(3)(黒)(黒)
飛行、トランプル
2点のライフを支払う:諜報2を行う。(あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚見て、そのうちの望む枚数をあなたの墓地に、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。)6/6

 その反面、二色デッキなので単色に比べると少しマナトラブルを抱えてしまいます(それでも安定している部類ですが)。構築に際しそこそこの値段がかかります。また、よりマナベースに負荷をかけることで≪ハイドロイド混成体≫の様な強力なカードを多く採用したスゥルタイに対しては明確に不利が付き、このデッキの隆盛により最近では影をひそめる形になりました。

 

デッキリスト | 晴れる屋

 

 

 

続きはまた明日。

サンダー・ボルト

こんばんは、2019.04.01リミットレギュレーションが発表され大いに賑わっていますね。

やはり今回の目玉はこちら

f:id:aogunman:20190312224501j:image

太古のパワーカードサンダー・ボルトでしょう。

 

多くのプレイヤーが「始めた頃には禁止だった」のではないでしょうか。

語り継がれてはいるものの、実感したことがある人は少ないはず。僕はペガサスのストラクを買ってもらった記憶があるので持ってはいたと思いますが、あまり使った記憶はありません。

f:id:aogunman:20190312225627j:image

(懐かしいですね)

正直他の改定はあまり興味がなく、こうした格式のあるカードを実際に使えることが楽しみでなりません。

 

 

 

 

 

ここでは、一足先に≪サンダー・ボルト≫を使って見たいと思います!!!!!

 

 

f:id:aogunman:20190312225104j:image

バゴーーーン!!!!wwwww

f:id:aogunman:20190312225152j:image

うおおおおおおおwwwwww

f:id:aogunman:20190312225234j:image

 

 

 

 

f:id:aogunman:20190312225221j:image

 

 

 

f:id:aogunman:20190312225359j:image

 

 

 

 

 

f:id:aogunman:20190312225417j:image

ドカーーン!!!wwwwww

f:id:aogunman:20190312225152j:image

シェエエエアアァァァアアアイイイイ!!!!!!!wwwww

f:id:aogunman:20190312225234j:image

 

 

 

f:id:aogunman:20190312225512j:image

 

 

f:id:aogunman:20190312225659j:image

 

 

 

 

 

 

大丈夫か遊戯王

インフェルノイド(60枚)の使い方

 

前回のチーム戦で60枚のインフェルノイドを使用したので紹介しようと思います。

 

 

 

60枚とはいえインフェルノイドは

 

 

 

 

 

この続きをみるには
この続き: 2,500文字

このノートは 700円
[ノートを購入する]

 

 

 

 

 

 

 

すいませんすいません

 

まず

f:id:aogunman:20190129185237j:image

バチーーン!wwwwwwwww

叩きつけて

 

 

 

デッキ融合

f:id:aogunman:20190129185318j:image

バコーーン!!!wwwwww

して

 

 

 

ネヘモス絡めて

f:id:aogunman:20190129185517j:image

バチ!バチ!バチコーンwwwww

 

 

 

f:id:aogunman:20190129185626j:image

ワッショーイ!wwww

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

カードを買うことをやめた男の末路。

皆さんこんにちは。

f:id:aogunman:20181119015348j:image

カード、買ってますか?

 

ぼくは最近カードを買ったふりをしていました。

 

 

 

先週、プロツアーアトランタで白t赤がトーナメントを席巻し、Top4は真っ白になりました。

ゴルガリ(緑と黒)の一強からスタートしたメタゲームですが、ジェスカイコントロール(青と赤と白)、白ウィニーが後を追いかけて来ました。

数多くは勝たなかったもののプロツアーではイゼット(青と赤)ドレイクが急激に分布を伸ばしており、「実際にやれるデッキ」であることを証明していました。

 

一方で僕は「白に勝つ」デッキを使おうと考え、行き着いた先は「グリクシスコントロール」です。

f:id:aogunman:20181119022103j:image

(買った)

 

コントロールを殺すために生まれて来たかのような

アダントの尖兵を

アダントの先兵が攻撃しているかぎり、これは+2/+0の修整を受ける。
4点のライフを支払う:ターン終了時まで、アダントの先兵は破壊不能を得る。(ダメージや「破壊」と書かれた効果では、これは破壊されない。)
1/1

渇望の時や

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-2/-2の修整を受ける。あなたは2点のライフを得る。

黄金の死

ターン終了時まで、クリーチャーはすべて-2/-2の修整を受ける。あなたが都市の承認を持っているなら、代わりに、ターン終了時まで、対戦相手がコントロールしているクリーチャーのみが-2/-2の修整を受ける。

でいなし、ハンデス、ニコルボーラスの着地で勝負をつけるというデッキです。

 

ジェスカイコンとの差はまさにこのアダントを処理できるかどうかという点にあると思います。

他にも黒はヴラスカの侮辱や喪心、煤の儀式など優秀な除去を有しており、十分に時間を稼いでくれます。

 

 

しかし、なんか思ってたより他のアーキタイプに勝てず断念。

(ありがとう、ニコルボーラス!)

 

 

f:id:aogunman:20181119022350j:image

(ヤソさんのリストは破滅を囁くものが三枚採用されており、念のために購入するも届く頃にはデッキがなかった)

(ありがとう、破滅を囁く者!!)

 

 

黒を含むコントロールを考えて、次に行き着いた先は「エスパーコントロール」です。

グリクシスコントロールとの違いは、ボーラスのためにタッチされていた赤とテフェリーのためにタッチしている白くらいです。

 

大雑把にニコルかテフェリーか、という問題です。(実際にはハンデスの数とカウンターの数も変わって来ますが)

 

 

デッキが出来た!のでFNMに参加。

1回目

ジェスカイコン 2-0
イゼットドレイク 2-0

2回目

ジェスカイコン 2-0
ジェスカイドレイク 2-0
ジェスカイジャンク 2-0

f:id:aogunman:20181119102434j:image

 

コントロールにはハンデス、最古再誕、クロミウムが鬼のように強く、不滅の太陽をも乗り越えて勝つことが出来ました。

 

使っててとても楽しく「これだ!!」となりました。

PPTQで使うデッキが決まった瞬間です。

その時使っていたのがこんな感じです。

f:id:aogunman:20181119102934j:image

(気になる人いるのか?)

 

 

ウキウキで次の日もショーダウンへ

エスパーコン 2-0
セレズニア騎士 2-1
ゴルガリ 0-2

 

 

ここで気がつきます。

 

 

 

 

ウィニーなんていなくね??

 

 

困りました。

 

 

家に帰って少し考えたんですが、

ウィニーが増える→ウィニーを見たデッキを使う→ウィニーが減る

 

あたりまえだ!!!!

 

 

実際の環境は

1.ジェスカイコン

2.イゼットドレイク

3.白系の何か

みたいな感じでした。

この時点でエスパーの強み(ハンデス/ウィニーに強いの二つ)は半分失われていました。

エスパーコントロールの勝ち筋は「テフェリーの奥義を決めてLOを狙う」と言うものになります。しかしながらその実、テフェリーを守る手段に乏しくテフェリー着地後もかなり綺麗にさばいていない限り安心できません。

(ジェスカイコンはドレイクで守ることも攻めることもできるのが利点)

捌くべきクリーチャーが定まっていないとテフェリーは意外と簡単に落とされるし、リソースが多いデッキは捌き切れないこともあるように思いました。

 

たまたま運よく勝てましたがイゼットドレイクとゴルガリは当たったらやばいかもと言う感じです。

ゴルガリの潤沢なリソースやこちらの除去で対応できないクリーチャー、暴君が明らかに厳しいのです。さすがトップメタ。

 

 

 

と言うかそもそも、、、

 

 

 

なんで俺はゴルガリを買ってないんだ????

 

 

 

環境初期からトップメタで、アグロには野茂みからレインジャーの探検、ミッドレンジには探検したクリーチャーとPWと採取+最終のリソース、コントロールには暴君とPWと最古再誕、、と全ての速度に対応しうるデッキで「メタられる側」であることは間違いありません。

しかも序盤から終盤まで常に強い動きを持ち、致命傷になるメタがないように思えます。(トカートリの儀仗兵がかなり苦しくテンポで遅れを取りますが除去もあるため乗り越えうる)

 

 

 

 

 

なんで俺はゴルガリを買ってないんだ????

 

 

実は値段の高さにビビり、組むことを諦めてしまっていた節がありました。

 

f:id:aogunman:20181119110011j:image

 

俺は一体何をしていたんだ、、、、、、、

 

 

遊戯王で「(基本的には)メタ側よりメタられる側の方が強い」と言うことを散々学んでいたのに、、、、、、、、

 

 

「明日はゴルガリが勝つんじゃないか、、」そう思って少し構築を変えてPPTQへ

 

 

結果

イゼットドレイク 0-2

マルドゥ騎士 1-2

 

0-2ドロップしました。

 

当日とにかくジェスカイコントロールに当たることを祈っていましたが世の中そんな甘くないですし、うんこもいいとこでした。

今回の敗因はデッキ選択です。いや、カードを買わなかったことです。

ゴルガリを持っていてゴルガリを組めたならゴルガリを使っていました。

 

実際、当日の分布はジェスカイコンが1番多く次にイゼットドレイク、その他というような感じでした。

TOP8は

ゴルガリ×3

ジェスカイコン×2

イゼットドレイク

ボロス 

緑単

と聞いていますから、全体の分布から見ればゴルガリが1番勝っていたと思います。

優勝は残念ながら別のアーキタイプになりましたが、デッキ選択はゴルガリが正解だったと僕個人は思います。

まだまだMTG始めたばかりのぺーぺーなので「何を偉そうに」と思う方もいるかもしれませんが、チラ裏みたいなもんなので許してください。

 

こんな悔しい思いをしないためにカードを買い続けていたのに肝心なところを買っていなかったなんて間抜けが過ぎます。

書いていて萎えてきたのでそろそろ終わります。

 

 

 

 

次回!「カード買いました!」

 

お楽しみに!!

 

それではまた。