ぼやきとつぶやき

#がんばって魔界劇団を環境入りにしようの会

「パワーコードリンク」について思う事。サイバース新規の紹介や再録について

 

コンバンワ!

ついに12/9に「パワーコードリンク」が発売しましたね!

f:id:aogunman:20171207132333j:image

これは遊戯王公式から引っ張って来たのですが、パワーコード・トーカーが手札を持ってるように見えませんか?

 

 

 

それはさておき、今回あまりにも収録リストに驚いたので急ぎ記事にした次第です。

早速収録リストを見て見ましょう。

f:id:aogunman:20171211041024j:image

ドングルドングリ〜セグメンタルドラゴン

今までに発売された2つのストラク(サイバースリンク&ストラクチャー2017)と同様にサイバース族の展開を支援するカードになっていますね。

今回のストラクにはかなり有能なサイバースが入っています。

需要は感じませんが、サイバースについて触れている人も少ないので一応書いておこうと思います!

(過去にストラク3つで公認にも出てみました→サイバースリンクで公認 - ぼやきとつぶやき)

興味ない方は、本題まで飛ばしてください。

 

 

 

ガベージコレクター

f:id:aogunman:20171211042129j:image

星2/風属性/サイバース族/攻 100/守1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、
手札に戻ったモンスターと同じレベルでカード名が異なるサイバース族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 すごい!アドを取ってる!!

「は?」と思う方もいるかも知れませんが、サイバース族は基本的にアドというアドをとりません。手札のカードを全て盤面に変換する為だけに生まれてきたみたいな効果を持った奴らばかりです。

このカードはキチンと後続(と言っていいのかは置いて)を確保しつつ、盤面にリソースを広げることのできる珍しいモンスターです。

 

バックアップセクレタリーが手札にある時、

f:id:aogunman:20171211043121j:image

(フィールド上にサイバース族がいると手札から特殊召喚することができる効果)(アドを稼ぐ気がないカードの良い例)(チェーンに乗らないのでGを貰わない)(ぼくはバレンタインにチョコをもらえない)(オタク特有の早口)(アドバンテージで差をつけろ)(つけられる)

 

ガベージコレクターを通常召喚し、バックアップセクレタリーを特殊召喚

ガベージコレクターの効果でバックアップセクレタリーを手札に戻し、フレイムバッファローをデッキから特殊召喚

 

フレイムバッファロー

 f:id:aogunman:20171211043800j:image

星3/炎属性/サイバース族/攻1400/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体を捨て、自分はデッキから2枚ドローする。

(お前偉すぎる!!!!)

 

ガベージコレクターとフレイムバッファローでLINK2をリンク召喚。

フレイムバッファローの効果で先ほど手札に戻したバックアップセクレタリーを捨てて2ドロー。

 

ガベージコレクターとバックアップセクレタリーの2枚がLINK2と手札2枚に変わりました。これは明らかにアドです。

先述した通り、サイバース族は今までアドを取ることが下手くそなテーマだったので2枚もドローできるのは驚くほど素晴らしい効果です。

バランサーロード(1000ライフを払うことでサイバース族の召喚権が増える)というサイバース族の中でも展開を加速させるカードのお供にもなるので、サイバース族デッキを組むなら3枚入ると思います。

 

 

 

レディデバッガー

f:id:aogunman:20171211044803j:image

星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

エアーマンやんけ!!!!

サーチャーなのになぜかエアーマンラインより100低いゴミ調整を受けてますが、キチンとモンスターを手札に消えることができる優秀なモンスターです。

 

 

 

セグメンタルドラゴン

f:id:aogunman:20171211045243j:image

星7/光属性/サイバース族/攻2600/守2400
(1):このカードはリリースなしで通常召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で通常召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。
(3):1ターンに1度、このカードが通常召喚されている場合に発動できる。
表側表示のこのカードを破壊し、その攻撃力以下の攻撃力を持つ
メインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

サイバース族待望のエースモンスターです。

サイバネットバックドアでこのカードを除外しつつ、2600以下のサイバース族をサーチ、帰還後は2600以下の全体除去をフリーチェーンで行うことの出来るモンスターと変わります。

問題は、折角の妨害なのに出てきたすぐ後の相手ターンに使えないこと。

1300以下を破壊してどないすんねんと。

さらに、自身を破壊しなければいけない点もいただけません。このカードの破壊効果は特殊召喚されていると意味がないので、使いまわそうとして墓地から特殊召喚してしまっては弱いです。

どうしてこんな微妙な効果にしたのか、、、

 

 

 

 

 

 

本題。

ここからは再録&魔法罠枠です。

記事も皆さんの心も荒れることになる気がします。

 

サイバースガジェット

f:id:aogunman:20171211050526j:image

Vジャンプの付属カードです。

ストラクチャーデッキ的にはとてもパワフルなカードで、確かに欲しいカードではあります。

ですが、2017年5月発売のジャンプで世の中に出てから「誰も使ってるのみたことないんですけど」レベルで使用率の低いカードです。

こんなに早く再録するなら、なんのために先行投資したんや、、、って気持ちになること間違いなしのカードです。

こんな事するなら初めからデコードトーカーのストラクに入れておいてくれれば初心者はもっと遊びやすかったんじゃないでしょうか。

そうじゃないなら早過ぎた再録かなと思ってしまいます。

 

 

 

トーチゴーレム

f:id:aogunman:20171211051202j:image

は???

 

 

 

 

 

は?????????

 

 

 

 

 

 

デュエリストパックで再録しとけや(怒り)

再録より規制しろや(さらなる怒り)

この時期に再録されたカードが1月の規制で禁止になるとは考えづらいです。

神の通告の再録→規制の流れを見るとよくても準制限に落ち着くことが予想されます。

サンダーさんも動画で述べていますが(→【#遊戯王】ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク開封!!【#開封】 - YouTube)、新ルールや新カードによる過去カードのバグのようなパワーの実現はいかに新規のカードを考えて作っていても仕方のない事(起こり得てしまう事)だと思います。

この問題について「テストプレイをしていない」と言うのは少し違うと思います。あまりにも開発側の負担になってしまいますし、何より新しいカードの開発の妨げとなってしまい現実的ではありません

KONAMIがテストプレイをしていないかの様な新規カードばかりを作るあまり、批判したい気持ちが芽生えるのも分かりますし僕もそうなることが多いですが、批判すべき問題とその内容については考えるべきだと思います。

(そして、テストプレイしてないような新規カードも環境サイクルにおいては実は「考えられてるな」という点があるのも事実で、意図的にインフレを起こして規制しているのも歴史が語っています。)

ですが、じゃあ良いじゃん!と言うわけではなく、起きてしまった問題に対してキチンと対応をしてくれと言う気持ちですし、それは皆さんも同じだと思います。

確かに流行から再録までに開発側の理由で時間差ができてしまうのはわかりますが、そこは大企業なんだし何とかしてよ(泣)

プレイヤーの心が持ちません、、、

もうトーチ展開見たくないです。

f:id:aogunman:20171211063036j:image

「もうやめて!」初代ヒロインの杏もそう言ってます。

 

 

 

廻天狗×2

f:id:aogunman:20171211053005j:image

 

 

×2

 

 

え?マジ??

 

 

 

使うかどうかは置いておいて、いままで3個買う前提みたいな作りでストラクを販売していたので2枚しっかり収録されているのは驚きました。

 

 

 

スカルマイスター、ドロール

ドロールに関してももう少し早い事再録しといてくれればSPYRAL環境で使えたのに、、、

と思いましたが、手札誘発はいつ誰が役に立つかはわかりませんしありがたいことには変わりません。

ぼくの字レアのスカルマイスターがゴミになった瞬間でした。

日本語のカードの持ち損感がハンパないです。

 

 

 

同族感染ウイルス

あっ(察し)

第10期の17/10/01にて、実に11年7か月ぶりに制限カードに復帰した。

 

 

 

幻銃士

なぜ今なのか。「初心者に優しい」と言う名目すら怪しくなってきます。

f:id:aogunman:20171211055212j:image

はあ(クソデカため息)

 

 

サイバネットストーム

f:id:aogunman:20171211061551j:image

 フィールド魔法
(1):フィールドのリンク状態のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
リンクモンスターのリンク召喚は無効化されない。
(3):自分が2000以上の戦闘・効果ダメージを受けた場合に発動できる。
自分のEXデッキの裏側表示のカードだけをシャッフルし、その一番上のカードをめくる。
めくったカードがサイバース族リンクモンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚する。
違った場合は元に戻す。

とても面白い効果ですね。

問題があるとすれば、攻撃力上昇効果と特殊召喚効果がかみ合っていないことです。ステータスの上昇によって2000ダメージを受けにくくなっています。

また、現代遊戯王において直接攻撃で2000もらう時、相手の盤面は完成しているか、ワンキルの時が多く、エクストラから一体出したからといってどうにかなるかどうかは怪しいところがあります。

僕がサイバースを組むなら「面白いから」の理由で1枚入れて見ますけど、冷静に考えると怪しいと思います。

 

 

 

 

 

そして、このストラクチャーデッキで一番波紋を呼んだとも思われるカード

盆回し

f:id:aogunman:20171211061051j:image

早くね????

まだ1年ですよ。いや、そんなことはクソほどどうでも良いんです。

問題はただ1つ

 

 

 

 

 

この盆回し、使えねぇ!!!

 

 

 

 

 

 

このストラクチャーで買った盆回しが大会などで使えない、と言うわけではありません。

このストラクチャーデッキを買っただけでは使えない」と言うことなんです。

ただそれだけなんですが、それが大問題なんです。

ストラクチャーデッキとは本来「構築済み」のはずですし、どんなにゴミみたいなパワーでも1つ買えば遊べるはずでした。ストラクチャーという名前から僕もそうだと思っていました。

ですがこのストラクチャーデッキに入っているフィールド魔法はサイバネットストームの一枚のみ。

つまり、盆回しの発動条件を満たしてません

このストラクを買ってそのまま大会に出て、盆回しを発動、デッキの中身を見たらシングルロスです。

なんじゃそら!!!!

廻天狗の様に「一枚じゃゴミだけど二枚あれば仕事するよ!」と言うカードでもなく「最低でも二種類のフィールド魔法」を必要としているので、このストラクチャーデッキを3つ買ってもこの盆回しは使えません

なぜ輪廻天狗には気を配れて盆回しには気を配れなかったのか。

 

ここまで書いておいて何ですが、僕たちが「ストラクチャーデッキ」の意味を履き違えている可能性があるのか?と思いました。

批判する以上最低限調べとこうと思い、このストラクチャーデッキの公式ページを見てきました。

f:id:aogunman:20171211063203j:image

 

「リンク召喚を楽しめる構築済みデッキが登場!!」

 

 

 

 

 

 

構築済みデッキ

 

 

 

 

 

f:id:aogunman:20171211063314j:image

 

 

 

 

 

f:id:aogunman:20171211063401j:image

 

 

 

僕はとても悲しくなりました。

開発さん、本当にこれは「構築済み」のデッキなんですか??

十二獣や真竜を考えれるのに、そんなの絶対嘘です。

再録が強いのは、これについてはみなさん様々な意見があるとは思いますが百歩譲ってください。良しとしましょうよ。

それでも、これだけはやっちゃいけない事じゃないですか。

テストプレイ云々じゃないじゃないですか。こんなの最近出たカードだけでもわかる問題点じゃないですか。

それなら「再販パック」として売って欲しかったです。それこそレアリティコレクションで良かったじゃないですか。

言ってることとやってる事がズレすぎてます

 

「いや、でもあなたは初心者でもないし再録してくれたら嬉しいでしょ?」なんて思う方もいるかも知れません。それは少し違います。

むしろ初心者じゃないからこそ、こう言う「露骨な売るため」のカードセットがストラクチャーデッキを騙っていることが気にかかります。遊戯王が嫌われて続かなくなるのは、1プレイヤーとしてとてもさみしい事だからです。

特に僕がいる北海道という地域では、大型非公認大会は無くなりつつありますし公認大会もいつもいる数人、非公認大会は2人なんて言う、大会とは呼べないこともある状態です。

本州の方ではそんなことなくて、こう言った危機感はあまり感じないかも知れませんが「本当に遊戯王が終わってしまうかも」と言う感じは非常に悲しいです。

やる人がいなければ、物は続いていてもその地域では「実質終わり」なんです。

コンテンツの終わりは恐ろしい限りです。

話が少しずれました。

 

僕は小さい頃も遊戯王をやっていて「EX-R」や「恐竜の鼓動」「神光の波動」と言ったストラクも親にお願いして買ってもらっていました。

f:id:aogunman:20171211065000j:image

そりゃもうその時の喜びと言ったら、今では味わいにくいものです。

開けたその瞬間、その場で遊べる!

この感覚はパックとはまた別の感動でした。

開けてそのまま、兄弟でデュエル!

ただ遊べるだけじゃなく「そのテーマを使ってる」感じも好きでした。

EX-Rなんて遊戯と海馬ですよ!?!?神セットじゃないですか。

それが今のストラクチャーを見ると、そんな幼少時代の感動を踏みにじられている様な気がして、怒りにも似た悲しみを覚えてしまっているのかも知れません。

これは完全に個人の気持ちですけどね。

 

 

さらに愚痴が出てきたので、話はストラク1つで遊べる所からそれますが書き連ねます。

その「このテーマを使ってる!」感がこのストラクから(と言うかここ最近のサイバースストラクから)は感じ取れないのも「はぁ」となります。

どれもこれもとってつけた様なイラストや効果、モンスターの弱さ。こんなん使いたいって思う子供達あるんかいなと。

もちろん、連続リンクという魅力はあります。ありますが連続リンクなんてSPYRALの方ができるやんけ、と。

じゃあこのサイバースストラクの魅力はなんなんですかと。

 

 

遊戯王はサービスではなく商売なので、再録がある事は理解できますし、再録自体をやめろとかは言いません。

しかし、長く続いてきて来たコンテンツであるからこそこれからも続くコンテンツであって欲しいんです。「続く」売り方をして欲しいんです。

 

 

このストラクから魅力を奪っている原因に「インフレ」と「規制」もあると思います。

インフレはやむを得ないですし、仕方のない部分もあります。ですが、「じゃあ規制はしっかりやれよ!」と思うわけです。

なーにが「ネフィリム返して」やねんと、なーにが「終末でゴアトルス落とします、あ、ミセラあります^^」やねんと、俺だってブルホーンでサーチしてドランシアのっけたいわ!!!!

でも、それはコンテンツの害でしかないのです。

 

強かったデッキは規制されるべきで、次のカードたちのために退いて下さい。

正直征竜や十二獣みたいにボコボコにテーマを殺してしまうのも如何なものかとは思いますけどね。思いますけど、環境がおかしくなって新しいストラクやパックがこれから先こんなのばっかりになるくらいなら規制された方がマシです。

規制されていないから、せっかく魅力的なテーマである「ヴァレット」や「オルターガイスト」「サイバース」というカード群が脚光を浴びないわけです。

浴びないが故にパックが売れず、こんなストラクが出てしまうわけです。

一方でストレスフルなトリックスターが環境に顔を出しているのもうんこだなと思います。

(これらのカード群が環境に来たらもしかするとこれらもストレスフルな感じになるのかもしれませんが)

 

 

 

話があっちこっちに飛んでしまいましたが、要は「KONAMIさん、もう少し落ち着いて販売戦略して下さい」と言うところに落ち着きます。

KONAMIさんみてる〜^^?

言うは易しですが、これが僕の思うところです。

 

 

 

長くなりましたが、愚痴を書いて少し気が晴れたのでこの辺にしたいと思います。

皆さんも様々な意見がある中、読んで下さってありがとうございます。

 

 

それでは、また。

「いけっ!レダチュウ!8000バーンだ!」〜ここにプレイングは存在しない〜

 

コンバンワ。

今日もブログ書いていきます。

今回のテーマは規制/エラッタ/FTKです。

ぼや記事になる気がします。

 

 

時は2017年1月、彼は突然の制限を受けます。

f:id:aogunman:20171206045404j:image

え?なんで??

 

当時ADSソリティアといえば「ドゥロソイヤ」でした。

ドゥロソイヤとは、氷結界の虎王ドゥローレンと地霊神グランソイルから生まれるループを指します。(僕はこの語感が大好きです。)

f:id:aogunman:20171206050413j:image

(#ドゥロソイヤ をツイッターで検索すると動画が出てきます。興味がある方は是非ご覧ください)

 

とはいえ当時のループはトーナメントシーンで扱える代物ではありませんでした。

回す人がいなかったのもあるかもしれませんが、デッキに入れなければならないカードは少なくなく、初手の要求値は最低2枚でサーチしづらいものばかりだったのも原因にあると思います。

しかし革命児は降り立ちます。

 

 

f:id:aogunman:20171206051616j:image

十二獣の会局です。

「召喚権を使わず」に「獣戦士サーチ」「ランク4エクシーズの成立」はソリティア界にも影響を及ぼしました。

 

2016.9.29

sonさんが十二獣の会局一枚でドゥロソイヤの動画をアップすると、瞬く間にRTされました。

都市伝説だと思っていた先攻ワンキルが僕たちの目の前に舞い降りた瞬間でした。

 

そして話は冒頭のドゥローレンの制限へと戻ります。

ドゥロソイヤ自体は以前から存在していたのに「なぜ今??」という感じでしたが、こうして振り返ってみると「十二獣の会局一枚という手軽さ現実味を帯びたから」だと推測できるかなと思います。

 

 

2018.1.1

f:id:aogunman:20171206052818p:image

相方であるグランソイルがエラッタされドゥロソイヤは完全に幕を閉じることとなりました。

 

 

しかしもちろん、「ドゥロソイヤがやばい!」となってかけられたエラッタではありません。

 

 

 

少し時は遡り、2017.2

新ルール「リンク召喚」の追加が発表されました。

f:id:aogunman:20171206053301j:image

僕もそうでしたが、当時のタイムラインはみな驚愕していたように思います。

遊戯王の買い取りを中止する店は多く、中にはお店をたたんでしまうところまで、、、

 

今回、この話はあまり関係ないので話を戻します。

 

リンク召喚実装後は、ルールの縛りによって先攻展開は非常に緩やかな展開が

f:id:aogunman:20171206053734j:image

 

緩やかな

f:id:aogunman:20171206053747j:image

 

ゆる

f:id:aogunman:20171206053758j:image

 

 

緩やかってなんだ

 

 

 

しかしこの頃の僕たちは気がつかなかったのです。これらがまだましな環境だということに。

この頃はまだリンクモンスターの種類や汎用性は少なく、2.3枚エクストラに入ってる人もいる。程度でした。

 

---

ちなみにこの頃、「恐竜ソイル」という恐竜の派生型のワンキルデッキがトーナメントシーンに(数は少ないですが)登場します。

ほとんどのパーツが恐竜デッキと変わらないことを利用して、誘発がなければそのまま先攻ワンキルへと移行でき、一方後攻では普通の恐竜としても戦える実用的なワンキルデッキでした。

---

 

 

環境は移ろい、ついにリンク召喚環境が訪れます。

f:id:aogunman:20171206054202j:image

手札誘発の少ないデッキを否定し、あらゆる環境デッキをなぎ倒し、リンク召喚の未来を実体化したKONAMIの稼ぎ頭 SPYRAL の登場です。

 

いままでリンク召喚を主体として展開をするデッキが少なかったため、「明らかにおかしいけどヘイトを集めていない」モンスターがいましたが、SPYRALの登場とともに一気にヘイトレースへと参加することとなります。

f:id:aogunman:20171206054700j:image

そう、ファイアウォールドラゴンです。

 

「このカードがフィールド上に表側で存在する限り一度」という厳しいようでガバガバなバウンス効果の条件、なぜか全く制約のない特殊召喚効果によってたちまちソリティア界のエースとして君臨します。

 

リンクモンスターの数が増え、簡単にリンク召喚ができるようになり「アドを取ること」が当たり前となった現代において、一度始まったソリティアは止まりません。

 

 

2017.11.13

公式がサモンソーサレスを発表すると同日、settexuxiさんがツイッター上で先攻ワンキル率100%の「イグナイト」デッキをアップします。

これもまた、大きな波紋を呼ぶことになります。

目の前に舞い降りた先攻ワンキルデッキはついに動き出したのです。

「いうて誘発で止まるやんww」というような意見も見かけましたが、大切なのは誘発がなければ必ずワンキルするデッキが現れたという事実でした。

ついに先攻ワンキルは「誘発を考慮して構築する」段階まで足を踏み入れたのです。

 

 

2017.12.1

KONAMIはグランソイルのエラッタを発表します。

十二獣の会局の時と同じようにやはり「手軽さと現実味」がこのタイミングでの主たる規制理由でしょう。

ありがとうグランソイル。君の死は無駄にはしない、、、!!!!f:id:aogunman:20171206061617j:image

 

そんなKONAMIをあざ笑うかのように悪夢はすぐに駆けつけます。

 

 

2017.12.4

sonさんがグランソイルに代わって「レッドアイズダークネスメタルドラゴン」を使った先攻ワンキル率100%のデッキを考え出しました。

 f:id:aogunman:20171206062058j:image

あれ?無駄死に?

 

すまない、グランソイル、君のことは忘れない、、、、

 

 

そして、1月の改訂がでる前のタイミングでエラッタを発表したということはおそらく真犯人は逃げ切ったのでしょう。

(あるいは例に漏れず準制限→制限→禁止と順を追って規制しようとしたものの、それでは間に合わないという事に気がついたか。)

真実は来週には分かります、、、

本当の悪が裁かれることを願って、、、

 

 

そんなイタチごっこをよそにホビステ名古屋CSにて「植物(ワンキル)」が優勝を果たします。

f:id:aogunman:20171206063118j:image

植物ワンキルに必要なファイアウォールの数は最低1枚。

辛さでいっぱいです。

 

 

当然、相手にターンを渡さないことは勝利する上で一番確実です。(それが対戦相手も楽しいかはさておいて)

対戦ゲームである以上、使える手段を使うことは悪いわけではありません。

ですがKONAMIの動きを見ていると実際は「あんま好ましくない」という印象を受けます。

(あんま、と付けたのは本当に好ましくなければウォールを刷ったりする愚行は犯さなかったからです。)

 

だからこそ、今回の規制でしっかりKONAMIが規制してくれていることを切に願わずに入られません。

 

 

あらゆるデッキがワンキルを手に入れれば、遊戯王コミュニケーションツールとしての役割を大きく損なう事になると思います。

それはプレイヤー的にも企業的にも何も美味しいことは無いと思います。

こういう時のためにエラッタや規制があるのだと、そう信じたいところです。

 

正直強いカードを刷るのは売り上げを考えれば仕方のないことだと思います。

問題はそのあと、しっかりと対処してゲームバランスの維持がはかれるかというところにあると思うのです。

 

 

僕のぼやきがKONAMIの誰かに届くとは思えませんが、そう思った次第です。

皆さんの意見は、どうでしょう?

 

 

制限改定楽しみですね。

(僕は1月のぶっ壊れテーマも楽しみです)

 

 

それでは、また。

 

 

旭北杯に出た(出てない)話

 

コンバンワ!

インフルエンザに罹ってから生活が逆転してしまいました。

さて、先の日曜日に北海道では久しぶりの遊戯王大型非公認が開催されましたので、それについての記事です。

 

 僕は、今回のCSにバリバリ気合を入れていました。
カードゲームの楽しみだけでなく、沢山のYPが集結し晩飯から移動から楽しいこと間違いなしだったからです。

 

 

木曜日

お医者さん「インフルだね!」

f:id:aogunman:20171205032255j:image

 

 

医者「来週まで外出禁止ね!」

f:id:aogunman:20171205032255j:image

 

 

f:id:aogunman:20171205032517j:image

 

 

 

 

 

土曜日

f:id:aogunman:20171205032939j:image

大雪にならず無事出発。旭川への期待が高まります。

僕は自宅で寝てました。

 

 

道中のコンビニではもちろんサイコロ

f:id:aogunman:20171205033240j:image

※今回の遠征、僕は無敗でした(^^;TUEEEE

 

 

極寒の地旭川へ向かうにつれ道は僕たちに寒さの厳しさを教えてくれます。

f:id:aogunman:20171205033417j:image

※僕は電気毛布の暖かさに安堵していました。

 

 

そして、ホテルへ到着、、、

f:id:aogunman:20171205033842j:image

SUGEEEEEE

カッコいいとこ、泊まりたいよね。

 

 

夜はYP15人?による大焼肉会が行われました!!!

f:id:aogunman:20171205033958j:image

焼肉大好きな僕は大盛り上がりo(^▽^)o

 

 

ちなみに僕の晩御飯はこちら

f:id:aogunman:20171205034136j:image

神は死んだ。

 

 

これはドン・キホーテでサイコロを振っているときに送られてきました。

f:id:aogunman:20171205034211j:image

真意は謎です。

 

 

 

 

日曜日

f:id:aogunman:20171205034347j:image

朝は優雅なバイキングから始まります。

 

各々個性的なピックで会場を沸かせます。

f:id:aogunman:20171205034443j:image

ごはん3積みの賢構築もあったとかなかったとか、、、、

 

ちなみに僕の朝ごはんは

 f:id:aogunman:20171205034657j:image

ジャムパンでした。

 

 

そしていよいよ会場です。

f:id:aogunman:20171205034550j:image

圧倒的5-0の構え

勝つぞ勝つぞ〜〜(╹◡╹)(画像はねるもさん)

僕は出てない

 

 

からの〜〜

 

 

f:id:aogunman:20171205035239j:image

 

 

 

 

f:id:aogunman:20171205035255j:image

 

 

 

ねるもさんおめでとうございます(゚∀゚)

5-0どころではなく8-0で優勝、、、つよい笑

 

 

 

たった分布4のSPYRALが1.2フィニッシュ!

僕もSPYRALの予定だったので、出てたらもしかしたら、、、と思ってしまうのが非常に悔やまれます(◞‸◟)

 

 

そしてもちろん祝勝会

f:id:aogunman:20171205035759j:image

焼肉大好きな僕は大盛り上がりo(^▽^)o

 

 

僕の晩御飯はこちら

f:id:aogunman:20171205035846j:image

対戦ありがとうございました。

 

 

旭北杯では、サブイベントも行われ、そちらも大盛況だったようで(゚∀゚)(゚∀゚)

僕も行きたかったです(本心)

 

北海道は最近、遊戯王の大会やイベントが盛り下がり気味ですが、出てみると面白い人ばっかりです。

初めは参加しにくいかもしれませんが、楽しいので是非!!

次にイベントがあればそこでお会いしましょう!

 

 

それでは皆さん風邪に気をつけて、また次回。

 

 

サトサキ杯 紹介と結果!

こんばんわ!

今日は僕のFFで仲良くさせていただいてるサトサキさん主催のサトサキ杯を紹介させていただきます!

 

 

サトサキさんって??

 サトサキさんは、

f:id:aogunman:20171127023745j:image

 

 

 

サトサキさんだ!!!!

 

 

 

 

サトサキ杯って???

サトサキさんが主催となって開かれる遊戯王の非公認大会。開催地は主に群馬

大きな大会の少ない地域の遊戯王プレイヤーたちに遊戯王を楽しんでもらいたい一心で開かれているとかなんとか。

今回、なんと参加費は無料

年齢問わず、無料なら参加へのハードルはとても低く誰もが楽しめる大会ですね(^^)

この前見た時も無料だったんですが、、、心配とともに尊敬します。

 

そんなサトサキ杯BOX争奪戦の景品がこちら

f:id:aogunman:20171127030041j:image

 

 

マジでか

(※メタルのプレマはサトサキさんの私物です)

 

 

普通のBOX争奪戦が参加費無料なだけでも相当なのに、箱の数もやばいし他にも景品があるなんて、、、なんて大会や。。。

 

サトサキさんの人柄からか、東京方面から参加者がくることもあるそうです(^^)

こう言った環境があるのはとても羨ましいことですね。

 

 

 

 

さて、それでは結果を見て見ましょう!

 

 

 

1位   命削りのミズキさん

使用:SPYRAL

f:id:aogunman:20171127212918j:image

(ドローン右隣の光で反射してるカードはダンディ×2です)

強かったカードはDDクロウ醒めない悪夢だったそうです!

「安くて強そうな構築考えました」と一言いただいております笑

 

たしかに、メインのカードを見るとトーチゴーレムや盆回しと言った値段の張るカードは入っていませんね。

代わりにワイヤーの2.3枚目やビッグレッドの2枚目の様な安価で役割のあるカードが入っています。サイドの聖なるバリアもかなり面白い採用です。通告もストラクにノーマル再録されていますし、こうしたデッキレシピはお金をふんだんに使えない子供たちには嬉しいかもしれないですね!是非参考に!笑

しかも、しっかり勝っているのが素晴らしいです!!

優勝おめでとうございます(^-^)

 

 

 

2位 まっぴさん

使用:彼岸

f:id:aogunman:20171127214345j:image

f:id:aogunman:20171127214355j:image

強かったカードはキルドレイン醒めない悪夢だったそうです!

「彼岸が板!」と一言いただいております!

 

今期の彼岸はSPYRAL相手に強い永続罠「スキルドレイン」「醒めない悪夢」レシピ外では「手違い」を積める事、手札誘発に十分な枠を取れる事、SPYRALの圧倒的な一強環境である事からメタデッキとしてシェアを伸ばしていますね!

盆回しや永続罠によって彼岸の特殊効果は制限されますが、グラバ-ガトルの場持ちの良さ、スカラマリオンの守備が2000である事からターンをまたいで展開へと繋いでいます。

また、自分の攻め時に邪魔になるスキルドレインを自分の醒めない悪夢で破壊するシーンもよく見受けられます。

板の彼岸、どこまでSPYRALにしがみつけるか今後も楽しみですね!

準優勝おめでとうございますございます(^-^)

 

 

3位  トシさん

使用:彼岸

f:id:aogunman:20171127224938j:image

f:id:aogunman:20171127224953j:image

強かったカードはツインツイスターキルドレインだったそうです!

「スキドレツヨスギ」と一言いただきました!

 

さてはスキドレメタビだな、、、??

彼岸が2.3位を締めると言う結果になりましたね。

前期も期の後期はメタデッキが台頭していた様な気がします。

もしかすると最近のカードはパワーこそ高いもののどこか脆い部分があるのかもしれませんね。(あるいはスキドレの圧倒的なパワー)

1位のミズキさんが醒めない悪夢を強かったカードに選んだのはこうした永続デッキの存在があったのかもしれませんね!

3位おめでとうございます!!(^-^)

 

 

 4位  ゆーたさん

使用:SPYRAL

f:id:aogunman:20171127234202j:image

「強かったカードはゴウフウ、ソルチャ、141です!必ず初手かトップできました!(笑)」と頂いてます笑

 

 

対戦相手が藤原竜也ならさぞブチギレですね。

f:id:aogunman:20171127234301j:image

こちらの構築にも醒めない悪夢がサイドに見受けられます。それも三枚!

永続系のデッキやSPYRALミラーでのリゾートに触る手段としての採用でしょうか。

1.2.3.4位がSPYRALと彼岸にて二分しましたね。クソ環境クソ環境と言いつつも何だかんだシェアや入賞のデッキタイプが独占されることにはなかなかならないですね(°_°)

4位おめでとうございます!(^-^)

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

群馬県で開催されたサトサキ杯、ツイッターを見る限り参加しているみなさんとても楽しそうで羨ましい限りです。

無理のない範囲で続いていって欲しいと思います。

こうして、遊戯王を盛り上げようとする方々の存在はとても大きいですね!!

最後に、主催のサトサキさんからも一言いただきました。

 

 

遊戯は楽しいが一番!

 

 

 

そんな方が開く大会ですから、楽しくないわけありませんね。

こうしたイベントを開くのはとても大変ですし負担が大きいことです。

ですがこうした試みが周りの、ひいては地域の遊戯王環境の興盛に繋がっていくんだと思います(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

(なんていい記事だったんだ)

 

 

 

 

運営のサトサキさん、参加者の皆さんお疲れ様でした!

それでは、また!