ぼやきとつぶやき

#がんばって魔界劇団を環境入りにしようの会

今期の終わり。

←クリックよろっぷ

コンバンワ。

僕にとって復帰初の期で、カードプールも0から15box分くらいにはなりました。


そんな今期最後
磁石×○○
DD××
ABC××


でそのの構築。






な、なんじゃこりゃあ〜〜



デッキ名は「後手でゴテゴテ 〜劇団を添えて〜」です。



まず魔界劇団について。
どの環境デッキにもある先行展開がありません。


アドを取るのが相手との戦闘や、ホープを割りつつスケールを揃えるところから始まります。

「強い!!」と感じる盤面ははやくて2,3ターン目にようやく出来上がります。


また、実際に使えるカードも限られています。(ヒールやヒロインの失職)
劇団である意味(バックを割るとアドを取れる)を活かそうと思うと、残りの枠には「普段なら割られるけど当てれれば強い罠」が入ることになりました。

劇団の下準備の遅さからも神系やバリア系の罠との相性はいいなと思いました。



さくらのメイン採用について。
劇団はデッキ自体のパワーが低いので、どうしてもパワーカードでかつ他ありません。
そのため、今期猛威をふるっているABC、DD、餅、青眼を当てれば止めれる(勝てるとは言っていない)さくらの採用に至りました。
レベル4モンスターが多く、7シンクロにアクセスできるのも個人的にはポイントでした。




ここまでは悪くないと思うんです。




壊獣の採用について。
超えれない無理ゲーが多かったンゴ、、、、

ABCを構えられていると、スケールを除外されたり、通常召喚したモンスターを飛ばされたり、台本にチェーン分離していなされたり、、、、、

メタルフォーゼだと、ユニコーンが出た瞬間に勝ち筋が急に遠のいたり、、、、



先行展開も大したことないし、後攻に寄せて作ってみようかな、、、
と思ったところ、闇の壊獣3の採用に至りました。

闇の壊獣は誘惑に対応していますし、先を取っても困ることは少なかったです。



でも、どうせ壊獣使うなら、妨げも入れたれ!!!ってなって気がついたらこうなってました。


実際のところは、亀ジズ妨げ3→エキセン2、馬2、バリアにするのがいいと思います。


でもなんか今日はこういう構築の気分でした。





今期は本当にスピード感あるデッキや、除外やss無効でどうしようもない盤面が多かったです。
来期もkozmoが来ますし、どうにか劇団が輝けるようにならないかな😭😭😭と願うばかりです笑



来期は米kozmo、亜劇団、ゴチャ青眼を使うことになりそうです。
来期はあまり時間がなさそうですが、もう少しプレイングを頑張りたいです。

ではまた。