ぼやきとつぶやき

#がんばって魔界劇団を環境入りにしようの会

魔界劇団で遊ぼう!

←クリックよろっぷ

こんにちは!!
深夜に1500字書いたはずが朝起きたら1字になっていました!!!!!!!
不思議だなぁ。頑張っていきましょう!!!


魔界劇団】

なるべく純に近い形で構築しました。
環境に合わせて組むなら変わると思います。

今回は下半分、
「組んでみたいけど魔界劇団モンスター以外何入れたら良いの?」
という枠について話していきます。
上半分は自分の好きなキャストで編成しよう!



1.サブギミックの紹介

闇の誘惑&ペンデュラムーチョ
このデッキのほとんど(22枚)が闇属性なので、ドローして要らないカードを除外することで素早くベストなペンデュラムへ繋げます。

そして、ペンデュラムーチョはスケールに発動したターンのメインフェイズに墓地か除外されているPモンスターを一枚EXデッキ(手札と書いていましたが、6/7修正しました。大切なところの間違えすいませんでした。)に加えることが出来ます(スケール♢0)
この効果で闇の誘惑で除外したカードを回収します。

普通に強すぎるので採用です。
闇属性Pデッキなら誘惑とペンデュラムーチョはとりあえず積んでみて良いと思います。



妖精伝記カグヤ
このデッキは召喚権をあまり使いません。
そこで召喚して強いモンスターであるカグヤを採用しました。
カグヤ召喚→カグヤサーチ→カグヤ効果で自身と相手モンスターを手札に戻す→ペンデュラム召喚でカグヤ2体を特殊召喚
の流れはかなり綺麗です。

また、怪獣を投げつけることでバウンス効果はほぼ確実に成功します。
魔界劇団がシステムモンスターに対して弱いのでそこも噛み合っています。
怪獣は闇の誘惑に対応したラディアンです。



EMオッドアイズディゾルバー
オシャレ枠。
戦闘補助&スケールと融合(ほとんどスターヴ)
他のカードで良いと思います。



2.魔界台本の選定

このデッキの要である魔界台本。
まずは魔界台本の関わる動きを紹介します。

デッキ→フィールド
言わずもがなビッグスターのモンスター効果です。
名称指定のないターン1なので普通に強いです。
しかし、そのターンのエンドフェイズに墓地へ送られるので、基本的に即座に使うことになります。


デッキ→墓地
コレクターズパックで新規収録された、カーテンライザーのモンスター効果です。
コストで台本を墓地へ送り、EXの表側魔界劇団を1枚手札に戻します。強い!!
ついでにPの弱点を完全に克服しています。


墓地→手札/フィールド
魔界台本 魔界のエンタメと、ビッグスターの、スケール効果です。
どちらも魔界劇団モンスターをリリースして、墓地から手札/フィールドへ魔界台本を持ってきます。
この時リリースするモンスターはEXモンスターゾーンのカードにすると、少ないアド損で台本を回収出来ます。


この様な感じで
カーテンライザーでデッキから墓地
ビッグスターで墓地から回収
のうららすり抜けムーブが強いです。

墓地から台本を回収するのはほぼ無限に出来ますが、カーテンライザーの効果は使用に限りがあるのでデッキの魔界台本は3〜5枚が良いと思います。
今回は多めの6枚でしたが、全然良かったです。



本題。



魔界台本 魔王降臨
表側攻撃表示の魔界劇団カードの種類の数だけ表側のカードを破壊します。
ゲーム序盤なら自分のホープだけを破壊することもあります。
2枚は確定だと思います。
今回は純に寄せているため3枚。
使い回しが効くので増やさなくても良かったかな?とは思いました。


魔界台本 魔界の宴陀女
先ほど紹介したサルベージ効果。
相手によって破壊された場合、任意の数だけデッキから魔界劇団モンスターを特殊召喚できます。
なんじゃそれ、、、
回収効果用と割られる用の2枚用意しました。
これも、回収用の1枚で良いと思います。


魔界台本 ファンタジー・マジック
戦闘破壊できなかった場合デッキトップにバウンスします。
地味な効果ですが、「対象に取れない」「戦闘破壊されない」「効果破壊されない」と言った耐性モンスターを問答無用で除去出来るので1枚は必須だと思います。



3.罠の選定
魔界台本はセットされている時に発動する効果がとにかく強いので、相手に「バックを割りたくないけど割らなきゃ」と思わせるカードをチラつかせることが大切です。
なので、次元障壁の様なフリーチェーンカードや、AFの様な割られてアドを稼ぐカードは相手に放置されてしまうのでナシです。

①神系
召喚、特殊召喚を無効にする神系のカードはどのデッキも辛いはずなので入れ得です。

②バリア系
基本的に展開が遅いので、相手の攻撃から身を守るバリア系は必須。
打たれると嫌〜な気持ちになる点も評価が高いです。


基本的に上記の2つを盛り込めば良いと思います。
あまり多すぎるとデッキの動きが鈍るので、5,6枚が良いと思います。

③連成する振動
使ったペンデュラムーチョやホープを割る用のカード。強そうですが手札に来なかったです。



4.相性の良いテーマたち

真竜&メタルフォーゼ
割るカードが増えるのと、ペンデュラムスケールの偏りが薄くなります。
最強の戦士マスターPも擁立しているので環境で使うならこれになると思います。
もちろん、魔界劇団感はなくなります。


魔術師&EM
魔界劇団が☆4闇ペンデュラムという事で、魔術師とほぼ同じステータスかつ覇王眷竜の素材の条件を満たしているのが良いです。
ゴチャゴチャしたデッキ内容になるので、どちらに寄せるかを考えて構築したほうが良いと思います。
また、ランク7が立ちやすくなるのも利点です。



5.改善点
バックを一枚も割れないので、サイクロン系を1,2枚入れておくと良いと思います。



以上です。
劇団モンスターについては、消えた1500時の方に書いてますのでみなさん心の目で読んでください。

それではまた。