ぼやきとつぶやき

#がんばって魔界劇団を環境入りにしようの会

新規テーマに触れる【メタファイズ編】

 

コンバンワ!

今回は新規テーマ【メタファイズ】について書いていこうと思います。

 

このデッキが強い!!!!っていう記事じゃないです。

アドバイスお待ちしてます。

 

 

まずデッキから

召喚獣メタファイズ

f:id:aogunman:20170714013721j:image

 

メタファイズのデッキタイプとして

召喚獣

・裂け目マクロ

があると思います。

 

今回は召喚獣タイプ。

メタファイズを墓地に送って、除外する!つよそう!!!!

 

 

採用カード

メタファイズ

 ラグナロク×3

 ダイダロス×3

 ネフティス×3

 タイラント×3

 アシンメタ×3

ここまではあらゆる型で確定だと思います。

 

メタファイズの一番最初に狙う形として

アシンメタファイズダイダロス除外(1ドロー)相手スタンバイでネフティス 除外

自分スタンバイでダイダロス サーチ

アシンメタファイズダイダロス除外...

このループで実質ノーコストワンドロー。

 

アシンメタファイズはアシンメタファイズをコストに出来ますし、ループに入れば相手のモンスターが毎ターン500/500ダウンしていくのでラグナロクのバトルでのダメージも決まりやすくなります。

自分のターンにダイダロス除外&アシンメタファイズができればいいので、黄金櫃&アシンメタファイズでも次のターンからループに入ります。

 

そんなわけもあってアシンメタファイズも3枚積むべきカードだと思います。

 

 

召喚獣

 アレイスタ×3

 暴走魔法陣×2

 召喚魔術×2

こちらもここまで確定だと思います。

 

僕はテラフォーミングを抜きました。

理由としては召喚権カードを8枚(初手期待値1)にしたかったからです。

(ラグナロク×3+アレイスター×3+魔法陣×2=8)

彼らは基本的にドローソースに絡んで来ないので、最低限の枚数を意識しました。

 

テラフォーミングを抜いたことで、素引きのご都合カードになりやすい「メタファイズ・ファクター」は不採用としました。

 

 

ドローソース

  トレードイン×3

  七星の宝刀×3

 

召喚獣メタファイズの場合はトレードインは確定でいいと思います。

召喚魔術で除外できるのは場か墓地のカードのみです。ですから墓地にメタファイズカードを送れるドローソースは優秀です。

また、手札のカードを墓地に送るのが苦じゃないことから、サイドのバック破壊札は(鉄壁も見据えて)ツインツイスターがいいかなと思います。

 

また、トレードインを引いた時にだいたい1枚はレベル8カードがあるようにしたかったので、海亀壊獣ガメシエルを2枚採用しています。

同様に、七星の宝刀が腐りにくいようクモグスも3枚採用しています。

 

ですが、この宝刀の枠は強欲で貪欲な壺でいいと思います。

僕はあいにく手元になかったので、、、

ちなみに入れるなら2枚だと思います。2回打つことが厳しい上に、かぶったゴードンの処理手段がないからです。

 

 

宝刀×3、クモグス×3→ゴードン×2

にする事で4枚のスロットが生まれるので、封印の黄金櫃や増殖するGなどの展開補助や手札誘発を投入できると思います。

 

 

手札誘発

 灰流うらら×3

 エフェクト・ヴェーラー×2

 

うららはいつでもどのデッキにも効果が期待できるので、最低限フル投入です。

ヴェーラーを採用したのは光属性である事がメインです。

 

 

現在羽、超融合のところも自由枠みたいな感じなので残り6枠あります。

誘発と裂け目の相性が怪しいですが、手札融合やトレインがそのまま除外まで行ってくれるので、次元の裂け目も悪くないと思います。

 

 

プレビューみたら謎の行間が生まれていて、萎えたのでこの辺で。

暇な時に、追加事項があれば追加します。

 

 

追記---使ってみて、感じた点---

 

ドローソースのかみ合いについて

七星の宝刀→トレードイン→アシンメタファイズと5枚まるっと変わり続けた上で、ダイダロス+αのメタファイズを除外し、ほぼアレイスターにたどり着きメルカバーを構える、事が出来ると「デッキ回してる感」がありました。

 

ダイダロス+アシンメタファイズを構えるだけで毎ターン+2から始まるのは前述したように強いですし。

 

しかしなんというか、、、「それだけ」なんですね。

結局、除外したメタファイズモンスターの効果は、サーチ/除外/SSしかなくタイラントを除外+ハンドにメタファイズが成立していないとフィールドに上級が君臨しません。

また、上級が出たとしても

・SSしたモンスターを除外

・セットカードを除外

なので、先行ではほぼ無意味、ダイダロスのモンスター除外効果に至っては自分のメルカバーが吹き飛びます、、、、、

 

 

そこで感じたのが

「任意のタイミングで任意のカードを除外する」

ことの必要性です。当たり前すぎました。

 

 

除外することについて

1人回しの時は「遅い」という理由でぬいてしまった黄金櫃ですが、自分のターンに限り好きなカードを除外できるので入れない意味はありませんでした。

 

また、相手ターンでの除外も必要に感じました。

メタファイズの効果起動のタイミングが「次のスタンバイフェイズ」なので、自分のターンに動こうとすると相手ターンにカードを除外する必要があります。

召喚獣はそこについてなんのサポートも与える事ができません。

 

相手ターンに除外する事が出来るようになると

f:id:aogunman:20170714110034j:image

メタファイズディメンションが輝きます。

このカードは

①相手の特殊召喚成功時、除外されているメタファイズを帰還させる

②メタファイズカードの除外時に、相手のカードを一枚除外する

という効果を持っているので、任意のタイミングでメタファイズカードを除外する事ができれば強力なカードとして使う事が出来ると思います。

 

 

戦闘について

召喚獣ギミックを使っているとメタファイズモンスターのSSが相手のターンになる事が多かったのですが、このSSしたモンスター、なんの制圧力もないのでタイラントの「エンドフェイズに除外される」まで生き残れず、墓地へ行ってしまいます。

 

彼らが除外されてくれれば、、、

 

というわけで、やはり次元の裂け目はあったほうがいいと思いました。

永続魔法なのでもちろん相手は割ってくるとは思うんですけどね。(ヴェーラーもかみ合いになるので好ましくはない)

f:id:aogunman:20170714111040j:image

マクロコスモスではなく次元の裂け目である理由は「召喚魔術が除外されないから」です。

召喚獣要素を抜けばマクロコスモスの方が強いと思います。

 

かぶった時弱いので、出来ればどちらか、または合わせて三枚でいいんじゃないかなとは思いますが、それはまた実践次第かなと。

除外がきついデッキは多いですからね。

 

相手の妨害をしつつ、トレードインや手札融合、戦闘での除去が除外になるのは非常に魅力がありました。

 

 

そんなわけで、今はこんな感じ(裏側はゴードン)

f:id:aogunman:20170714114308j:image

また、何か見つけたら追記します。