ぼやきとつぶやき

#がんばって魔界劇団を環境入りにしようの会

制限改訂-2017.10.1-

←クリックよろっぷ

 

コンバンワ。

この季節がやってきましたね。

 

最近は制限改訂フラゲを騙る人や、予想を記事にする人がずいぶん減ってしまったように思います。

ほんの2回前くらいの改定まではフラゲ前に卵のアイコンが嘘か本当かもわからない(大体は謎の改定カードが入っていてすぐバレる)改定をつぶやいては消えつぶやいては消えていました。

あれはあれで楽しかったのに、風物詩を失った感じがしますよね。

 

 

さて、暇なので私怨を含んだ改定予想をしてみようと思います。

まずは環境のおさらい。

f:id:aogunman:20170831030550j:image

環境としては

・恐竜(&竜星&真竜皇)

・削り真竜

召喚獣(&真竜)

・ABC

の4タイプが大きな割合を占めていた3ヶ月だったと思います。

 

特に恐竜は環境初期から高いシェアを占めていて常に50%は分布しているイメージです。

環境初期は恐竜と竜星のみの「安定してボウテンコウを立てる」デッキタイプと真竜皇入りの二分されていましたが、中期以降爆発力のある真竜皇入りが圧倒的なシェアを取ることになりました。リトス卵卵はゲームの終わる音です。

 

削り真竜はドラゴニックDとマスターP、命削りの規制から前回環境に比べシェアは減少したものの、環境中期〜終盤にかけて本州では誘発入り→成金入りと形を変えて復活していました。

北海道ではずっと同じ方がチキレ成金入りで勝ち続けていました。

 

召喚獣は真竜を取り込み前回環境から一定数いたイメージです。

前前回環境でフルパワー十二真竜、前回環境でも十二真竜がシェアを取っており、その後釜として1枚で動ける召喚獣+パワーの高い真竜という形で生き続けてきました。

環境初期は恐竜に続いて高いシェアを占めていたものの、中期以降ABCと削りの復活につき、その数は減っていったイメージです。

現在では真竜と恐竜の機能を一部停止させるアンデットワールドを採用するために、真竜の代わりに盆回しやアンデットワールド、グラットンが搭載された純召喚獣が増えてきている印象です。

 

ABCは、環境初期「格納庫の規制緩和」から試行錯誤が重ねられ「デスドルドー」「アカシックマジシャン」の登場をキッカケに一気にシェアを伸ばした印象です。

環境中期以降盆回しとレベル7シンクロの存在から捲りと先攻制圧力を売りにし、アンワデコードドラバスとかいうクソ盤面を作るようになりました。

今では召喚獣を取り込んだ召喚獣ABCもあるみたいですね。

 

 

各デッキが共通して抱えるカードで猛威を振るっているのが、

・ドラゴニックD

・真竜剣皇マスターP

・盆回し

の三枚だと思います。

ドラゴニックDはなんかもう許されない気がしてます。マスターPや恐竜の規制場所次第では、、、なんて夢は見てますけどこれ規制が早いですしね。

f:id:aogunman:20170831032338j:image

 

マスターPに関しては、禁止になることに誰も意を唱えないと思います。

僕は削り真竜好きですけど、こいつは禁止になってしかるべきです。

前回の改定では恐竜1強を防ぐために一命をとりとめましたが、それも今回までででしょう。

世界大会の配信でも、うっかりマスターの着地を許したばっかりに全てのアド差を無視して巻き返した試合が存在して、「うわぁ」と思った記憶があります。

 

で、盆回し。

テラフォーミングの規制とは一体。

実質フィールドサーチ+相手のフィールド封鎖、相手ターンに使えばフィールド魔法の妨害、とテラフォーミングのかさ増しだけでなく妨害にまで使えるのはどうなんだろうかと、、、

テラフォーミングを規制する考えはあったはずなのになんで刷ったんだろう?

僕の好きな「魔界劇団」が写っているカードで、規制はされて欲しくないですけど、されてもおかしくないのかなぁ?と思ってしまいます。

上の二枚に比べればまだまだ規制!!って感じはないですけど、せっかく刷った後手捲りカード「拮抗勝負」が一撃で使い物にならなくなるのもいかがなものなのかと笑笑

 

 

次は各デッキタイプが擁する規制候補カードを見て見ましょう

恐竜

・ボウテンコウ

・アルコン

・オヴィラプター

・化石調査

・卵たち

多すぎですが。

各カード一枚一枚はマスターPのように「これがきたら終わり」みたいな威力はないですが、それぞれが噛み合った瞬間に手がつけられなくなります。

僕としてはもうめんどいから全部制限にしてくれって気持ちですけど、オヴィラプターやアルコンはストラクのカードで(再販があるため)なかなか禁止制限カードを出すとは思えないですし、かと言ってノータッチも、、、みたいな割とクソな状態だと思っています。

ボウテンコウに関しては、竜星が可哀想の一言です。せっかくタイミングを逃さないチューナーシンクロ体なのに、、、

とはいえ、3アド稼ぐのは冷静にやり過ぎなので今のうちに制限がかかるかなと思っています。

 

、、、とまあ、各カードパワーが少しずつ上がるとこう言ったかみ合わせデッキが生まれた時に規制するカードに狙いを付けにくく、規制するカードが増えてしまいそうです。

そう言う意味で、今までの格納庫やマスターPという巨悪を作る販売の仕方は、規制のしやすさはあったのかと思います。

 

 

削り真竜

・命削りの宝札

クリフォートやAFに使われた時からずっと「なんで規制されてないんだろう?」と思っていたカードが前回ついに準制限に。

3ドローは普通に制限カードレベルの強さだと思うので制限で。

 

 

ABC

ドラゴンバスター

・格納庫

おそらく恐竜1強を止めるために派遣された9期のガン。

KONAMIによる甘い規制により再度環境へ舞い戻りましたが、マジでもう見たくないです。

「墓地やフィールドで融合を必要とせず融合できる」と、まず召喚まででおかしいこと書いてます。黙って融合使え。

ユニオンの特権とはいえ墓地まではやり過ぎだったと思います。

リンク2.リンク3が出るたびに強化につながるテーマですし、一度ドラバスの着地を許すと格納庫のアドが壊れますし、デコードによる対象にとる効果を二回無効にするおまけまでついてきます。

わかりやすいメタを直撃で受けてしまう面もありますが、まずもう見たくないのでドラバスは規制されてください(願望)(予想するとは言っていない)

 

 

以上10種類が怪しいのではないかと。

冷静に考えると

禁止

ドラD、マスP

 

制限

命削り、ボウテンコウ、ベビケラ、プチラ、ドラバス、格納庫

 

準制限

オヴィラプター、盆回し

 

最近は一発退場が無いのでこんな感じかなぁ?と思いました。

今回は環境から見ての予想なので汎用的なカードは控えましたが、テラフォーミングは今回制限になるかな?と予想しています。

僕は恐竜握ったことないので恐竜を使ってる人からしたら「なんでやwww」という部分があるかもしれません。

個人的にはミセラがウザいのでミセラも規制されると嬉しいですけど

f:id:aogunman:20170831035859j:image

 ただなんというか、恐竜(や現環境組)の規制を強くすれば強くするほど、海外テーマSPYRALの侵攻を許しますし、本当に規制してくれるか心配です。

 

他にもトリックスターの様なヘイトを集めやすいテーマの浮上も許してしまいます。

 

はあ、、、

恐竜の先攻展開でさえ見るの疲れたのに、今後はもっと長いのかと思うともう嫌気がさします。

ドロバリンカネも顔をのぞかせているかと思うとクソデカため息です。

f:id:aogunman:20170831040940j:image

 

 

いまが良環境という声も聞きますし、その方々にとっても、僕みたいな疲れた人間にとっても、スパイラル後2週間で出る禁止制限改訂はそれなりに憂うところがあるものだと思います。

 

どうなるんでしょうね。

それでは、また。