ぼやきとつぶやき

#がんばって魔界劇団を環境入りにしようの会

久しぶりに青眼を使った話

←クリックよろっぷ

こんにちは!

昨日札幌で行われたSDC(Sapporo Duel Circuit)という交流会に出てきました。

環境で使われているデッキでバチバチにデュエルするのではなく、フリー対戦会という感じでした。

 

使えそうなので使ってきました。青眼です。

f:id:aogunman:20171224144531j:image

f:id:aogunman:20171224144647j:image

 

 

f:id:aogunman:20171224145005j:image

青眼久しぶりに使ったんですが、凄く楽しかったです。

オルタナ特殊召喚した後トレードインを打つ美しさ。完璧じゃ^〜〜〜

うららやうさぎが特殊制限で使えないことをいい事に、元々空きスロットが少ない青眼をのびのびと使うことができました。

そこで少し思ったことを書いていこうと思います。

 

 

 

ハリファイバーって強い

f:id:aogunman:20171224153750j:image

ハリファイバーをまともに使うのは初めてだったんですが、強くてビックリしました。

今回ぼくはTGワンダーマジシャンを入れずにただただフォーミュラでシンクロしてただけですが、それでも強かったです。

オマケみたいなワンドローが青眼にとって貴重なドロー手段なので。

 

 

ハリファイバーが出る=10シンクロが出る

ハリファイバーを出すとデッキからチューナーを特殊召喚できるので太古の白石を出します。

その太古の白石をリンクリボーに変えると白石の効果でデッキから青眼を特殊召喚できるので、相手ターンに2+8で10シンクロに到達できます。凄く単純で簡単です。

 

他にも、アーティファクトを入れておけば2+5で月華竜を正規で特殊召喚できるのでそれも面白いかもと思いました。正規召喚しておけば☆7ドラゴンは福音の蘇生対象になるので☆1チューナーさえ引けばそのままクリスタルになれるので楽しそうです。

 

 

精霊龍もやっぱり強い

f:id:aogunman:20171224153658j:image

墓地効果一回無効、P召喚牽制、変身、とどれもそこそこに強い効果を持っています。

さらに、ハリファイバーの登場によって変身効果の便利さにより一層拍車がかかります。

月華竜を出せば2+7=9

閃光竜を出せば2+8=10

と相手に合わせてシンクロ先を使い分けられるのは優秀です。

精霊龍の変身先に☆6が出れば相手ターンにクリスタルが出来ますし、☆9.10.11シンクロに強いカードが出ればそれだけで強化が来たことになります。夢があります。

 

 

ハリファイバーのおかげで強くなったカードは他にもあります。

光の霊堂

f:id:aogunman:20171224154013j:image

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。

ハリファイバーが出るまで①効果はいきなりクリスタルいけるチャンスあるよ程度の効果、②は青き眼の乙女を対象に使って青眼を出して精霊龍だ!とはいえ乙女自体入らないみたいな感じでした。

ところが、ハリファイバーのおかげでチューナー+チューナーのような事故でもハリファイバーに繋がる(青眼が絡む)ようになりました。

 

 

青き眼の祭司

f:id:aogunman:20171224155927j:image

 「青き眼の祭司」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の光属性・レベル1チューナー1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
(2):墓地のこのカードをデッキに戻し、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスター以外の「ブルーアイズ」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。

元々WCS2016の優勝レシピに入っていたりと弱かったわけではないですが、採用価値が上がったかなとは思います。

 

 

霊堂+賢士

①賢士通常して効果で祭司回収

②賢士をリンクリボーに変換

③祭司通常で賢士回収

④リンクリと祭司でハリファイバー

⑤ハリファイバー効果で太古の白石を特殊

⑥墓地のリンクリボー効果で太古を墓地へ

これでハリファイバー+リンクリ+青眼(手札に賢士)の盤面が出来上がります。

手札消費は霊堂の1枚のみで、墓地に祭司を置いておけるので次のターン青眼を展開しやすくなっています。最近の展開デッキからしたら激渋ですが、いいんです。

 

また、祭司を採用すると墓地から精霊龍を釣り上げることができるのでPテーマや墓地効果を使うデッキに対して働きを見せてくれると思います。

 

 

霊堂+乙女

これはいままでの基本展開になります。

精霊龍orハリファイバー+リンクリ+青眼です。

 

 

 

こんな感じですかね。

現環境は誘発をしっかりと積まなければならないのであまり使う気は起きませんが、ハリファイバーやリンクリボーの登場によって、安定して青眼を供給できるようになったので楽しいデッキになっています。

気が向いたらみなさんも使ってみてください^^

 

 

それでは、また。